あなたは、ユーティリティの特許出願を自分で提出 (プロのSe Inventorは) – 今何?

それで、あなたはお金を節約するために、独自のユーティリティの特許出願を準備. 行うには時間と労力をしながらとても立派です, あなたは本当に経験豊富な弁理士によって見直さあなたのユーティリティの特許出願を持っている必要があります (特に特許請求の範囲) あなたは、米国からの最初のオフィスアクションを受信したとき. あなたのアプリケーションが適切にあなたの発明を確実に覆うようにするための特許庁. また、特許庁への応答時には、彼/彼女の専門家の助けが必要になります.

それは程度かかります 2-3 訓練される弁理士のために長年 (経験豊富な弁理士の日常的な監督の下で) 正しくユーティリティの特許出願を準備し、特許を特許庁を通じてそれを起訴する. そのようなあなた自身のように本発明者は、おそらく適切に初めてそれを行うことを期待することはできません! お金がよく使われます.

三原則を覚えておいてください…

1. 発行された特許の適用範囲の広さは大きな意味を持つのです… 特許を持っていることのない事実. これは、あなたの特許を侵害するデバイスの数を最大にするためです (あなたの発明のあなたの正当な特許のカバレッジを取得).

2. あなたがそれらの権利を行使できるように発行された特許の執行可能性もカウント.

3. あなたの発明の機密性を保持 (あなたは、別の対象である場合、適切に使用される秘密保持契約書を使用することができます) あなたは、世界中の国々は、特許権保護を取得したいのかについて、弁理士に相談されるまで. それは、特許を取得するために高価であり、あなたが自分自身に言うかもしれない “私はしたい/私の母国での特許保護を与えることができます”… しかし、いくつかの国際的な会社は後で多くの国で特許を取得したいあなたに来るかもしれないことに留意してください!

外国で特許を取得するあなたの権利を守る… 弁理士に相談する! あなたの発明は、機密保持は、インターネット上のあなたの発明を入れていない含まれていることに注意.

また, あなたの特許の問題の前にあなたの発明を販売できることに注意してください… 私は上記の提案としてだけ弁理士に相談することによって、事前にあなたのマーケティング活動の波及効果のことを確認することが!

このエントリはに投稿されました カテゴリー:未分類. ブックマーク パーマリンク.

応答を残しなさい